忍者ブログ
HOME > > [PR] > [Xbox360]Dark sector > Dark sector Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 すげぇワクワクするとか、楽しみにしていたとか、そういう気持ちが特になかったせいか、とても楽しめている。
 もともと、ゲームにシナリオの良さをあまり求めないし、長い時間拘束されるのも嫌なので、最近のFPS、TPSのキャンペーンは丁度良い長さだ。デキが良ければ何回もやるしね。あと、実績の解除も面白いのがあったり、見ただけで無理ってのがなければ頑張るし。
 実績システムを上手いこと利用したら、中古対策にクソ長いだけのゲームを作る必要もないんじゃないだろうか。

 そんな事を考えながら、ダークセクター。
 とりあえず、面白い。

 ところどころ、不親切(というか、最近のゲームが親切すぎる)に感じるところもあるが、そういう所も味があっていい。
 操作が微妙に反映されないのか、左右に移動して停止しても1秒くらい左右に体が流れていってしまうことがある。他のゲームではないので、このゲーム独特のクセなんdなろうか。性能の低いPCのキーボードを連打しすぎて、時間がたってから画面に反映されるようなあんな感じ。いつもなるわけじゃなく、たまに発生するくらいだけども。

 動かしていて楽しいのは、やはりグレイブ。
 刃が三本、放射状に付いた手裏剣のような武器で、投げると一定距離直進したり、壁にあたると手元に帰ってくる。帰ってくるときにもアタリ判定があるようだ。
 特にゲームがすすむと手に入る、アフタータッチ(グレイブの視点になって誘導できるスキル)が非常に面白い。
 上手く誘導すると、障害物に身を隠した敵を倒せるし、確実にヘッドショットを決めたいときにも重宝する。激しい銃撃戦の時には、身を隠したままでも攻撃できる手段になる。
 乱戦時、これで敵の一角を崩した後、有利な位置に移動するなど、上手く使えた時には非常に嬉しい。

 普段はFPSやTPSの難易度が高いモードはあまりあそばないんだが、ダークセクターは高難易度のBrutalもクリアできそうだ。

 オフは楽しめたんだけど、慣れないせかオンの方はあまり面白くない。
 なんか気がつくと首を折られてしまうんですが(´・ω・`)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [47]  [46
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games Dark sector Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com