忍者ブログ
HOME > > [PR] > [Xbox360]プロジェクトシルフィード > シルフィード Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 結婚して心が広くなったのだろうか。
 以前は遊べなかったゲームを遊んだり、読むのが嫌だった本を読めるようになった。

 そんな中の一本が、Xbox360のプロジェクトシルフィードだ。 
 「主人公の名前が気に入らない」「ストーリーがちょっと」と、そんな理由で買ったはいいが全然遊んでいなかったゲーム。それが自分にとってのプロジェクト・シルフィード。
 「まあ、ムービーは飛ばせばいいし」と思いなおし、とりあえず始めてみる。

 開始して2時間くらいで「ナニコレ神ゲー(´・ω・`)?」と、派手に掌を返してしまった。

 面白く感じるまでの敷居は若干高い。
 それは「装備に特徴があり一長一短」「腕を装備でカバーすると目的達成まで時間がかかる(対戦闘機、対艦の両方共)」という二点。
 そして、ステージ開始前の兵装選択が非常に重要なのだが、ブリーフィングでイマイチ情報をとらえにくいという欠点。

 自分は終盤のステージ13くらいから面白いと感じだした。しかし、下手すると、とりあえず一周し、二周目からが面白くなるかもしれない。
 難しそうだからとEASYで始めると兵器開発のためのポイントが不足し、逆に難しく感じるところもあるかもしれない。
 しかし、このゲームには究極の救済措置がある。
 三回同じステージを失敗するとそのステージをスキップし、次へ進めるのだ。
 ステージが進めば自動で手に入る装備もあるし、とりあえず一周して慣れてから、追加された装備で再び最初から始めるのもいいだろう。

 ステージごとに達成すべき目標と、スコアアップにつながる副目標が設定されている。これらが結構うまいことできていて、単にクリアするだけの装備。さまざまな目標を達成するために必要な装備を、それぞれに考えなければならない。
 慣れてくると、いろんな武器の組合せを試してみたくもなってくる。手動の照準が上手くなると選択肢も広がり、より攻撃力に重点を置けるようにもなるからだ。

 また、DLCでタイムアタック、スコアアタック、エクストラ1から4の6ステージが追加されており、それをクリアすると新しい武器も手に入る。

 それらを全て手に入れても「初めた頃が一番緊張感がったかも」と、また最初から始めてたり、装備を制限したりして、また遊ぶ。
 ついつい遊んでしまうのは、手触りの良さと奥深さからだろうか。

 でも、まだムービーは全部見てないんだよな(´・ω・`)
 ストーリーはなんとなくわかるし。ついつい飛ばしてしまうんだ。
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [47]  [46]  [45
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games シルフィード Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com