忍者ブログ
HOME > 前項現在のページ > 次項 Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 Xbox360と同時に買ったのが、ニードフォースピード モストウォンテッド だった。

 しかし、もともとレースゲームをあまり遊ばないので「俺にはあわないな」と二秒で投げ出した。
 格ゲーも最近やらなくなったし、レースゲーも守備範囲じゃない。車に興味もないし。おいおい、俺はなんでXboxを買ったのかと。そんなことを考えていた2005年末。

 そのニードフォースピードを、ふたたび始めてみた。
 「実績取るのが簡単そうだったから」という、いかにもつまらない理由なんだが、いや、このゲームは面白いな。
 多分、酒を控えているので、反射神経や動態視力が上がったというのもあるだろう。スピード上げても気持ち悪くないし、カーブも曲がることができる。

 決められたコースの中を周回するだけでなく、最高速度を競ったり、色々なルールのレースがある。
 スピード違反や器物損壊で警察に追われるカーチェイスも楽しい。
 警察車両のロードブロックを突破するのも楽しい。
 でっかい街をフリーランできるのも楽しい。

 にわかに車ゲーが楽しくなってきた。
 買ったけどまだ遊んでない車ゲーは、テストドライブアンリミテッド、フォルツァ2、バンパラと三本もあるし。当分楽しめそうだなぁ。

 しかし、この前買ったBullyはいつ遊べるようになるんだろうな。
PR
 手に持った得物を右スティックで振り回せる。
 即興でアイテムを組合せ、状況を打開できる武器や道具をつくる。

 以上、二つのコンセプトが気になって買ったんだが、いかんせんツレェ。つらいよ、Alone in the Dark(´・ω・`)

 録音レベルが低いのか、音が異様に小さいし。キャラもあまりキビキビ動かないし。そして降り掛かる理不尽な死。ロード時間が短いからまだマシだが、あまりにも理不尽に死にすぎじゃないだろうか。いや、ここが面白いところなのか?だったら俺には無理かもしれない。

 あと、字幕がないのも残念。映像作品に字幕をつけるのは、アメリカではほぼ義務になってるってな話を聞いていたので安心してたんだが。まさかないとは思わなかった。もしかしたら、自分が見付けられないだけ?

 CoD2のベテランをクリアして、幸せな気持ちが一転、ショボーンだよ(´・ω・`)

 とりあえず、実績とるのは簡単らしいので、ちょっと頑張ってみる。
 3.5点の評価は伊達じゃなかったな。面白くなることを祈る。
 買う前に消化しろよって話はなしで。今日も、Alone in the Dark が届いたよ。椅子や斧を右スティックでグリグリするよ。

07/24 Bully
08/07 テイルズ オブ ヴェスペリア
08/28 Too human
09/11 インフィニットアンディスカバリー
09/11 雷電Ⅳ
09/11 あつまれ!ピニャータ2 ガーデンの大ぴんち!
09/18 アンリアルトーナメント3
09/25 オトメディウスゴージャス!
11/20 ラストレムナント

9月、買うもの多すぎだぜ(´・ω・`)

|| 360 Games Zone || | 秋のアップデート発表 ダッシュボードの3D化、アバター追加などより引用:





▼ HDDからプレー

ゲーム・ディスクからゲームをコピーし、HDDから直接プレーする事が可能に。DVDドライブが回転せずに済むだけでなく、ロード時間も短縮されます。ゲームの起動には、ディスクをトレイに入れておく必要があります。



▼ 新ディスプレー・サポート

VGA、HDMIでの16×10、1440×900、1680×1050を新たにサポート。




 この二つが特にうれしかったり。

 3Dアバターは別にって感じ。というか、この前買ったばかりの鳩のアイコンはどうなるのだろうか。
 ずっと積んでたCall of Duty 2 を攻略中。CoD4のベテランはクリアできる気がしないが、これはなんとかなりそう。もうすぐ、イギリス軍が終了する。
 結構いい感じで進んでるんだが、明日はペルソナ4の発売日。

 遊ぶのは嫁さんなんだが、自分は合体担当にさせられるんだよな。特に終盤になると。
 コリだすとキリがないんだが、やっぱ面白いし。ついつい、色々考えてしまう。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com