忍者ブログ
HOME > > [PR] > [感想]本 > 光と闇の姉妹 Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 ジェイン・ヨーレン著 井辻明美訳 ハヤカワ文庫刊



 高校生くらいの時に読んだ小説。久しぶりに再読してみた。
 本作は上下巻に分かれており、その上巻にあたる。
 下巻は白い女神

 本作は、一つのお話を「神話」、「伝承」、「物語」、「歴史」という4つの視点からかき分けることで、世界観に奥行きを持たせている。
 一つの伝説、予言の成就でもあり、当事者達のドラマでもあるのだ。

 「谷」と呼ばれる場所があった。
 そこには、女ばかりが住み、独自の文化と技術を受け継ぎながら、彼女たちは主に傭兵として糧を得ていた。
 そこに生まれた白髪の子供。
 その子は谷で普通に暮らしながらも、予言を体現する「白い女神」として、多くの苦難に立ち向かっていく。

 そんなお話である。
 ファンタジーなんだけども、魔法はあまり出てこない。
 歴史や文化、生活様式まで緻密に描かれているため、明確にその世界観をイメージしながら読むことができる。
 ジェンダーなどの絡みでイロイロ論評もできそうなんだけども、そういう所から離れても、非常に読み応えがあり、面白い作品。

 表紙は加藤洋之&後藤啓介。
 カバー買いだったのだけど、大満足の一品でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[24]  [22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games 光と闇の姉妹 Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com