忍者ブログ
HOME > > [PR] > [雑感]過疎化 > 入院と地方医療 Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 9月といえば運動会。
 私もリレーに参加した。

 入念なアップ。緊張してきたので、呼吸法でリラックス。
 よし、目一杯走れるぞと。駆け出したのはいいんだけども。
 スタート直後に両足が肉離れになってしまった。Orz
 もう、全力疾走もできない年なのかよと、ちょっと情けなく思った。
 そのうえ、前日に読んだのが米澤穂信のボトルネック
 鬱気分を満喫できました。

 スタートから10秒後、リアタイアを宣言し、医務室へ。アイシングしてもらって島の診療所へ搬送されるはずだったのだが、あいにく休日で外出中。
 台風も接近しているし、靭帯などへの影響も不明だったので、そのまま救急船で島外の病院へ。
 救急船から救急車へバトンタッチされ、病院へ。生まれてはじめて救急車に乗ったのだけども、救急隊員の人達は頼りになった(つд`)
 冷静だし、素早いし、自信に溢れているし。非常に安心できました。

 一番近い救急指定病院へつく間、近くで開業しているある医師の話になった。

 大きな病院は当直の医師がいないと受け入れしてくれない場合がある。
 最悪の場合、隣の市、そのまた隣の市へたらい回しにされるケースもあるそうだ。
 しかし、その開業医は「診察所=自宅」なのだ。
 差し迫った状況だと、どうしてもそこへ頼ってしまう。
 患者の多いとき、連日連夜対応してもらう場合もあり、ホントに申し訳ないのだと、その救急隊員の人は言っていた。

 全体を構成する中で、一部のパーツにばかり負荷がかかり、壊れてしまうと以前のようには修復できない場合もあるだろう。

 今あるものを継続するための方法を、真剣に考えないといけないんだろう。
 救急車の中で、自分達の生活が砂上の上にあるような。そんな気分になった。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games 入院と地方医療 Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com