忍者ブログ
HOME > > [PR] > [感想]本 > 伊東忠太を知っていますか? Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊東忠太を知っていますか
単行本
鈴木 博之
王国社
平均評価:評価:3.0


 知合いの船長さんと世間話をしていたのだけども。
 「靖国神社にある鳥居と同じものが、実家の島にある」
 という話が出てきた。

 その話を聞いて興味が湧いたので、設計者の伊東忠太に関する本を買ってみた。内容はちょっと微妙。興味深かったけど、面白く読むには構成に問題が(´・ω・`)

 さて、船長さんの実家は瀬戸内海に浮かぶ、かつては石の産地として知られた島らしい。
 船長さんが若い頃、島の年寄りから聞かされた「俺たちのやりとげたデカイ仕事」として、靖国神社の鳥居がよくあげられたんだそうな。

 伊東忠太の設計した鳥居は、三組作られたらしい。
 一組は靖国神社に。もう一組は朝鮮神宮へ。
 そして、最後の一組は、組み上げられることなく、島に放置されているらしい。
 すでに、4本の石柱のうち一本にスが入っているので、組み上げるのは不可能。複製しようにも、産出した採石所はすでに閉山している。なにより、同じものを、同じ工程で作れる技術者がすでにいないだろうし。

 あまりに大きく、昔から島に放置されているため、今さらどうにかしようと考える人もいないらしい。
 日帰りできそうなら、今度、見学にいってみようかなぁ。


 機械化されるまで、巨大な石を産出するのは結構な特殊技能だったのだろう。島だから海に近く、輸送も楽だったというのもある。
 しかし、機械化が進み、陸上輸送も昔にくらべ楽になるにつれ、だんだん寂れていったのだろう。現在はあまり多くの石屋さんはいないそうだ。

 できれば、三組全部の鳥居を見たいんだが、朝鮮神宮はすでに廃絶神社になっているようだ。
 鳥居だけでもまだ残ってないのかなぁ?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
北木島へ
 前回のエントリに出てきた、靖国神社の鳥居を産出した島、北木島へ行ってきました。  北木島は、瀬戸内海の丁度真ん中あたりに位置しています。  古来から巨大な石を産出しており、最盛期は島内に120もの採石業者がいましたが、現在は中国産の安い石に圧され、昔のような活気はないようです。  島の周囲には、人の手が入ったような奇岩がチラホラありました。  昔、石を採ったあとに残ったものが、波風にさらされて削られていったのでしょう。  現地の人に話を聞きながら、鳥居...
URL 2006/09/14(Thu)20:50:38
[15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8]  [7]  [6]  [5
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games 伊東忠太を知っていますか? Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com