忍者ブログ
HOME > > [PR] > [感想]本 > Game Union Vol.1(三才ブックス刊) Admin NewEntry Comment RSS  
ゲーム、本その他、興味のあることをメモ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「洋ゲー専門誌」という触れ込みの「Game Union」という雑誌が創刊されていたので、とりあえず購入。今後、6号くらいまでは買う予定。その後は面白くなるかどうか次第。最初の6冊くらい買っとけば、後はなんなと手に入るものだと思っているからだ。

 ゲーム雑誌も色々見てきたが、洋ゲー専門誌かぁ。
 市場がひろがったのか、分化してきたのか。ちゃんと商売が成り立つといいですね。

 フルカラー、写真が豊富、コラムが数本。
 創刊号ということで、話題作のGTA4を巻頭で大特集。Xbox360版の実績解説付きはちょっと便利かもしれない。
 後は、今年後半に発売されるソフトの紹介。「LEFT 4 DEAD」、「H.A.W.X.」、「End War」、「Golden Axe」等。
 ゲームソフトのレビューでは「Bioshock」、「BULLY」の二本をチョイス。
 あと、後半のトム・クランシー特集もなかなかよかった。

 ソフトの選別も、紹介の仕方も良いが、驚きは少ないかもしれない。そのへんは洋ゲーの布教が目的だから仕方ないのかも。

 今後は地域別特集とかしてほしいな。「イギリス、フランス、ロシアの頑張ってるメーカーをピックアップ」とか。
 あと、RTS特集とかも。


 コラムはなかなか読ませるものもあったが、「最近の和ゲーはつまらない」というのは、ちょっとどうかと。
 「じゃあ、おまえが面白いと思うものを並べてみろ」って感じ。
 「和ゲーはダメ」って唱えてたら面白くなるわけでもないし。
 どういう理由で自分が楽しく遊んでるのかをちゃんと説明できないと、他人が見て面白がってはくれないんじゃないだろうか。
 否定から入ってもそんなに広がりはないんじゃないだろうか。


 雑誌自体は面白いので、どっかからなにか面白いものを見つけてきて「オモシレェ!」って叫びつづけてほしい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[108]  [107]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101]  [100]  [99]  [98]  [97
Play asia.com で検索
ブログ内検索
プロフィール
最新コメント
最新トラックバック
Retired from games Game Union Vol.1(三才ブックス刊) Produced by SUN
忍者ブログ [PR]
透過フォトver2.0 Designed by ninja-blog.com